大学生とワークアウト

筋トレや英語学習について発信していきます。

大学を転学したい?現役大学4年生が転学のメリット・デメリットを解説!

f:id:Jingjing:20211004211733p:plain

こんにちは、いつも大学生とワークアウトをご覧いただきありがとうございます!

この記事を書いているロンです!

私は都内の大学に現役で通う四年生なのですが、たびたび自分に合った勉強をするために転学を検討したことがあります。私は結局転学することはなくそのまま今に至るのですが、転学についてはかなり悩んで情報収集も行いました。そこで今回は同じように転学するか悩んでいる方のために大学を転学することのメリット・デメリットを解説していきます!

人によっては大学を転学して理転したり、転学先でしかできない勉強や研究をしたいという方もいますよね。

私も転学を悩んだ時期があったのでその際に調べたり考えたりして学んだ大学を転学する際のメリット・デメリットを解説していきます!

 

この記事を読むとわかること

  • 転学のメリット・デメリット
  • 転学に向いている人・そうでない人

 

大学転学のメリット

新しい環境(人間関係をリセットできる)

転学することによって学校の人間関係を新たに作り直すことになります。これは、転学前の大学で人間関係がうまくいかなかった人にはかなりいいチャンスですよね。新しい友達を作り直すことで大学デビューをしなおしましょう!

好きな勉強、研究ができる

これを理由に転学する人はかなり多いです。実際に大学に入学してみると自分が思い描いていた勉強ができなかったり希望の研究室に入れなかったりと理想通りの学習ができないことがあります。また大学の教養の授業を受けているうちに違う学部に興味が出てきてしまうこともあります。

このような場合は転学、編入をすることであなたがやりたい勉強をするチャンスを作ることができます(必ずしもあなたが望む勉強ができたり、研究室に配属されるわけではないです)。

国公立大学に転学すれば学費を下げられる

現在私立に通っている人は国公立大学に転学した場合学費を大幅に下げることができます。文部科学省によると、国公立大学、私立大学の学費は以下の通りとなっています。

f:id:Jingjing:20211004211110p:plain

出典:文部科学省

 

有名大に進学すれば就活が有利になる可能性もある(学歴が全てではない)

筆者は22卒の就活生なのですが、数十社企業を受けてきた中で確実に学歴フィルターがあると感じました。また、「どの企業に学歴フィルターがある」というよりかは「業界によって学歴フィルターが多い業界そうでない業界がある」というのが体感でした。あなたがどの業界に行くのかまだ決まっていなかったとしても学歴は就活においては大きな武器になるので高学歴であることに越したことはないでしょう。もちろん入社後は学歴以上に結果を出すことが求められます!

大学転学のデメリット

新しい環境(新たに人間関係を作らないといけない)

これはメリットとしてもご紹介しましたが、環境が代わり人間関係がリセットされるということは、逆に一から友達を作り直さないといけないということです。これは前の大学で友人関係が良好だった人からすると辛いことかもしれません。せっかく大学に入って友達を作って過ごしやすい環境にいたのにまたそのような環境を作ろうとなるとそれなりに頑張らないといけないですよね。しかも、編入ということで既に学内のコミュニティはできているのでそこに外から来た人が入り込むのは難しいです。人間関係が心配な場合は転学に向いていないかもしれません。

奨学金の返還を求められることも

もし学内の奨学金を受けていて転学するとなると、現在在籍している大学は卒業できなくなります。学内の奨学金はその大学を卒業することを条件としている場合が多いので、転学によって規約違反となり今まで受給していた奨学金を全額返還することとなるかもしれません。奨学金を受給している方はきちんと奨学金の規約を確認しておきましょう。

編入試験に失敗した時が辛い

これは精神的な問題ですが、大学の授業と並行して編入試験の勉強をして不合格したとなるとかなり精神的にくると思います。友人にも転学することを話していた場合、「こいつは転学するやつだ」と思われ友人との関係も希薄になってくる場合もあります。そこで他大学に転学できないとなると微妙な友人関係のまま大学生活を送ることになるかもしれないです。これもやはり辛いですよね。転学するのもいいですが、それ相応のリスクがあるんです。

やりたい勉強・研究ができるとは限らない

仮に転学できたとしても、希望の授業が必ずしも開講されているわけではないです。

研究室も人気のところを選ぶ場合、教授とコネがある学部一年生の頃からその大学に通っている正規の学生の方が有利です。そのため、転学したとしても希望の授業・研究ができない人もいることを覚悟しておきましょう。

転学すべき人

あなたがもし、上記のデメリットを読みさらに独自に調べた結果それでも転学先の研究や環境に魅力を感じ情熱を持てるのであればぜひ挑戦すべきです。

人は夢中になれるものならいくらでも時間を割いて努力ができる生き物なのでデメリットを考慮しても転学に対して強い想いを持ち続けられるのであればあなたはきっと成功できるはずです。

転学すべきでない人

上記のデメリットをみて転学することに対して足踏みする場合は転学すべきではないでしょう。転学することはリスクもつきものですので、デメリットを受け入れる覚悟が持てない場合は転学は考え直しましょう。考え直してそれでも転学を諦めきれない人は挑戦してみるのも良いと思います。

結論

自分のやりたいことが編入先の大学にしかなく、転学のデメリットを考慮してもいく覚悟があるなら行くべき!

逆にデメリットを考えて躊躇するくらいの情熱ならやめた方がいいかもしれない。

私の経験ですが、私はデメリットを考慮した結果そのまま現在の大学を卒業する方が良い選択だと考えたため転学はしませんでした。

もちろん上記以外にもメリット・デメリットはあるのでしっかり吟味した上で転学するかしないかを決めましょう!

おすすめ記事↓

www.ronblog7.com